So-net無料ブログ作成
検索選択

ブレイドオブアルカナ3rd ~斬り捨てられる、悪の華~ [TRPG]

 先日、ブレカナのセッションに行ってきた。導入から既に「とんでもない」事件になることは明白だったのだけど、結果はやっぱしとんでもなかったという(笑)。
 ボクらのローカルな歴史としては、かなり大きな事件だったな。こうしたところに立ち会えたことは喜ばしい限り。あまりPLスキルが高くないボクだけど、精一杯プレイしてきた。

 まずはPC紹介。

 PC1:アダマス・ディアボルス・ステラ
 元祖(?)不幸の人。スヴァンヒルデの胸甲を持つ人間なのだが、何故か行く先々で白鳥人と間違えられる(笑)。今回、因縁の深い相手と再会するが…。

 PC2:イグニス・マーテル・ルナ
 正真教教会の枢機卿。現教皇アンゲリア7世の信頼も厚い“右腕”的存在。黒い噂の多いアンゼル1世を切り捨てるべく、破門を言い渡し断罪する役目を任された。

 PC3:エルス・アダマス・フルキフェル(猫人)
 MyPC、アーク・プロフォンド。甲冑フォルメンを持つ(実際には借りてる)猫騎士。陽気でお花畑なぽややんだが、正義感は強く、何故か大きな事件に遭遇すること多数。
 今回も何か大きな事件があり、その事件に関わるPC2のことが心配、というアンゲリア7世の頼みを受け、PC2を守るため同行することに。

 PC4:アクシス・デクストラ・エルス
 高名な建築家。エステルランド・ブレダ連合軍による、神聖バルヴィエステ帝国首都ダーフェルシュタイン攻略戦において、建築家の観点から知恵を貸すことに。
 不思議とダーフェルシュタイン城については「知って」おり、数々の秘密や仕掛けを看破するが、そこには運命の再会が待っていた。

 PC5:ウェントス・アルドール・アダマス
 かの剣匠卿であり、凄まじい剣の使い手。当人はただの傭兵と言っている。強い相手を求めて放浪している最中、とある貴族に見出され、ダーフェルシュタイン城へ遊撃的に突入する少数精鋭部隊に参加してもらえないかと要請される。

 以上。今回はメンツが豪勢で、有名な人がいっぱい。事件としても大きなものだから当然といえば当然なのかも知れないけど。

 さて、アークの導入は、かのアンゲリア7世との会話から始まった。何かと恐れられている現教皇だが、アークからしてみれば、「頑張っている女の子」である。
 PC2が大変な任務を遂行するために出発するのだけど、その助けになって欲しいという「お願い」をされたら、断るなんて選択肢はない。
 二つ返事で「任せるにゃ!」と引き受ける(笑)。具体的にどんな任務かとか何のためにとか、そういった難しい話が二の次になるのがアークらしいので、内容は全然聞かない(ぁ

 だが、問題なのは、どこの馬の骨とも知れない猫人を、「アンゼル1世に破門を言い渡し断罪する」などという、神聖かつ、重大な任務を遂行する部隊に配属するなんて出来ないことだ。
 権威、威厳。そうしたものをとても重視する旧派真教からすると、相応の人物でなければ承諾しがたいのは間違いないだろう。
 が、アンゲリア7世は配属をごり押し。魔神を討伐したり、『黄金のイノシシ』撃破に尽力したり、実績が伴っていたこともあって、それなりの説得力があった。
 おかげで、なんとアンゲリア7世はアークを「祝福」し、聖なる名前まで与えるに至る。ぶっちゃけ、ただの野良猫って感じで作成されたキャラだというのに、いつの間にか「神の猫」と言われるような状況になってしまった(笑)。何というか、凄まじい出世である。

 アンゲリア7世に祝福される、ということが「どういうことか」さっぱり分かっていない当人は、単に誉められたとかそういうレベルで喜んで受け入れる(笑)。
 ともあれ、アンゲリア7世という強烈な後ろ盾により、アンゼル1世を断罪するという部隊に配属されることになった。こやつは、教会を欺いていた大罪人らしい。

 さっそく部隊の面々と挨拶してみると、さすがは聖都ペネレイア。女性が多い。そして、若い娘も多く、猫人はウケがよかった。かなり可愛がられる(笑)。
 一部、斜に構えている野郎などもいたけれど、さすがにこれだけの任務を任せられる人員だ。PC2がスパイやら暗殺者やらの類がいないか探っていたが、問題はなさそうだった。
 中にはセンチュリオを賜っている娘までいたしね。綺麗な剣だにゃ~と感心したりなんだりしながら、とりあえず顔合わせは終了。ダーフェルシュタインへと出発する。

 到着してみると、バルヴィエステ側の戦況は不利のようだ。数としてバルヴィエステ2万に対し、エステルランド・ブレダ連合は10万。篭城戦とはいえ、あまりに数が違う。
 もっとも、もう教会はバルヴィエステと手を切るつもりなので、負けても関係ないけどねー(ぇ が、アークは教会側の人間なのに、やるべきことをあんまり知らない(爆
 漠然と、教会を騙していた悪党であるアンゼル1世を倒す程度の認識。そして、そこには危険が付きまとうのだろう。PC2だけは死んでも守る決意はしていた。

 アンゼル1世のもとに向かおうとしてみるも、城下の街は大変な状態だった。民の避難が完了しておらず、現在進行形で避難誘導が行われているところ。
 PC2の指示で、とりあえずは民の安全を確保すべく行動を開始。断罪部隊はそれぞれに別れて避難誘導に助力する。

 ここで、避難誘導を指揮している小さな女の子を発見。アークの近くにいたセンチュリオを持った司祭、ザビーネが声を上げた。何でも、バルヴィエステの重鎮、聖輪八門が1人だという。
 今回、断罪すべき対象の1人でもあり、ザビーネが迷い始めてしまう。神の名を汚す背信者が目前にいるが、救うべき民を救おうとしている。
 相手を倒すべきだが、そうすると民を見捨てることにならないか。とはいえ、目前の「悪」を放っておくことも許されることなのか。
 問い掛けられてアークも戸惑ってしまう。一応、教会とは関わりを持っているため、それなりに立場のようなものがあるのも、アークなりには理解していたからだ。
 だけど、相手は民を避難させようとしている。なら、少なくても今は放っておいても害はない。ザビーネの心情も鑑み、この場は敵将に任せ、他の場所を支援することを提案。
 まずは民を救い、しかる後に堂々と断罪すればいい。こう言うと真面目な彼女は承諾し、移動しながら避難誘導を続行することになった。

 まー、この時PLは「敵の幹部が、何でこの時期にこんなことをしている?」と疑問にはなっていたんだけどね。前線に立つなり、王の側にいるのが普通だろうからね。
 実際、他PCの場面で露骨に誘い込もうとしているような感じだったので、こりゃヤバイかと危機感が募っていた。案の定、城にいたアンゼル1世は偽者だったし。
 故に「外」で「何かある」可能性が高そうな気がしたから、「中」には出ないようにしていた。幹部が外にいたことを考えれば、もう中なんてどうでもいいのかも知れないし。

 が、話は進み、実は(ワンタイム&ローカル特殊因果律で)ファミリアだったダーフェルシュタイン城が崩落し、現れる本物のアンゼル1世。
 いや、まぁ、変身して色々やらかしてた相手なので、アンゼル1世という存在そのものが偽者だから、本物のって言うのも変な話なんだけどさ(笑)。
 さすがに目的の相手が出てきたとなると、もうしょうがないかなと登場。PC2が破門状を突きつけ、目的を果たすために戦闘開始。おそらく、バルヴィエステ帝国最後の戦いだろう。
 不思議なのは、なにやら「語り部」として登場した人物がおり、戦闘に参加するというよりは見届けようとしたことだ。何を企んでいると戦々恐々(ぇ
 とはいえ、アンゼル1世を倒すのは今回の本来の任務。放っておくことは出来ないし、滅してしかるべき相手だ。アークはフォルメンを展開して、その槍で迷いなく突撃する。

 何故か、相手が誰だかよく知らないけど、命令されて簡単に指揮に入ったりするアーク(爆)。そいつは、将来ミンネゼンガー公になるであろうマティアスだよ!(笑)
 と、重要NPCと繋がりを作りつつ(爆)、アンゼル1世ことヴィルヘルム・フォーゲルヴァイデを倒すことに成功。ここに神聖バルヴィエステ帝国は潰えた。

 だが、事件はまだ終わってはいなかった。ヴィルヘルムが倒れる寸前、聖輪八門が1人、知将アベール・ベッケンバウワーと名乗る男が登場。解放された聖痕を全て奪ってしまう。
 何がなんだか分からない事態となるも、分かっていることは1つ。目前の男は、紛れもなく殺戮者であるという事実だ。闇に心を奪われた人間を解放することは、聖痕者の使命である。

 ヴィルヘルムとの戦闘で疲弊しているなどとは言っていられないので、力を振り絞って槍を構えた。不適に笑うアベールは、異形を出して襲い掛かってくる。
 戦うPCとは面識があるのか、各々に対して言葉をかけてくるアベール。アークに対しても「これが正しいことか? 本当にお前はそれでいいのか?」等と問い掛けてくる。
 殺戮者の言葉に踊らされるわけにもいかないので、アークは耳を貸さない。しかし、同時にその言葉に正しさも感じていた。いや、不自然さがあったとでもいうのか。

 正直なところ、こいつは「何で戦うのか」がよく分からなかった。確かに、殺戮者であれば、聖痕を集めようとするのは普通だ。疲弊しているなら、絶好のチャンスでもある。
 それは分かるのだけど、何というか、そういうガツガツしてる感じがしてこないのだ。実際に聖痕を奪ってはいるのだけど、それが目的には思えないというか。
 そして、こいつ以外には、少なくても外にいた聖輪八門が出てこない。バルヴィエステの重鎮であるにも関わらず、皇帝が倒されるまで出てこなかったり、何というか「バルヴィエステを守る」というスタンスが見えてこないのも気になった。

 バルヴィエステを守ろうという気はないのか? 聖輪八門はバルヴィエステの人間ではないのか? 仲間割れ? では、何のために?

 何か企んでいる。それは間違いないとは思っていたのだけど、それがどこを向いているのかが見えてこなかった。結果、とりあえず倒すことしか出来ないと言うか。
 このアベールという男、かなり強い殺戮者で、疲弊していたこともあって苦戦を強いられる。アークの槍なぞ全然当たらない(ぁ 途中、ザビーネが合流し参戦してきて、奇跡で攻撃を当てることくらいは出来たけど、強い敵には結構無力なアーク。
 火力はそれなりに高いけど、アルカナ的にクリティカルをマイナスさせる特技を組めないし、騎乗での攻撃はダイスペナすら与えにくいのが厳しい。

 PCとNPCが奮戦してようやく追い詰めると、アベールは不思議な行動に出る。不可知で消えたと思ったら、何もせずに姿を現したのだ。
 ここで「何か」したのは明白だったが、何をしたのか推測出来ず、予想できたとしても止める手立てがなかった。結局のところ、陰謀は結実してしまったことになる。

 そして、姿を現すガイリング2世。あまりにも有名すぎる覇王は、過去の事件で石化しているはずである。アンゼル1世のこともあるため、偽者かも知れない。普通に考えるとするならば、確かに偽者という可能性は低くはないだろう。
 だが、彼が出現してからは、アベールは生きていながら死に体となる。動けないのだ。攻撃を避けることなど全く出来ず、あっさりとNPCに撃破されてしまった。

 アベールが倒れたことにより、聖痕の解放が起きるのだが、アークは目を疑うような光景を見ることになってしまう。解放される聖痕の数たるや数百。
 圧倒的というには、あまりに多すぎる聖痕の数に驚愕した。そしてその聖痕は、全てガイリング2世に吸い取られていく。信じがたい光景である。
 もはや、目前の男が本物でも偽者でも関係ない。数百もの聖痕を有する殺戮者であることは疑いないのだから。怪物の中でも、飛びぬけて恐ろしい相手といえるだろう。

 しかし、多すぎる聖痕を御し得ないのか、ガイリング2世は白目をむいて片膝をつき崩れ落ちる。それを見た「語り部」が「この方はもらっていく」と言い残し、いずこかへと消えた。
 圧倒されていた皆だったが、ザビーネが「待て!」と追いかけようとする。PC5に「行って勝てんのか?!」と止められるも聞かず、封印の逆位置を使用して消えてしまった。
 アークとしては声をかけたかったのだけど、言葉に出来なかったのが残念。ザビーネの気持ちも分かるから、止められなかったのだ。
 むしろ、アークとしても「追いつく手段」があるのだとすれば、追いかけたかったくらいである。しかして、PC5の言う通り「犬死」する可能性は高い。
 今は耐えて、いつか巨悪を滅するべく力をつけるべきなのだろう。
 だが、そこで迷った。迷った分、止められなかった。今回の事件で、アークの心に重くのしかかったのはこの一件である。彼女のその後を考えると、心苦しさが拭えない。

 事件そのものは解決し、アンゼル1世と神聖バルヴィエステ帝国は滅びた。PC2も無事だし、PL的にもマティアスが生き残った点は大きい。
 だというのに、気分は晴れなかった。ガイリング2世の復活。そして、ザビーネのその後。いつもはお気楽なアークの顔に、苦渋といって差し支えない表情が刻まれた。

 PC2の指示で、自分たちの部隊をまとめて撤退しようとするも、既にエステルランド・ブレダ連合軍が入城してきており、包囲されているような状況だった。
 何とか2名ほどと脱出に成功するも、アークは途中で踵を返す。事の顛末を2人に伝え、再びダーフェルシュタインへと戻っていった。
 PC2はダーフェルシュタインに残っており、アークの使命はPC2を守ることである。PC2は撤退しろと言っていたが、アンゲリアのためにPC2を生きて連れ帰らねばならない。
 せめて、あの苦しみの中で戦う少女の願いだけは叶えよう。もしかしたら、自身の命を捨てて挑まなければならないかも知れないが、もうアークに迷いはなかった。


 といったところでセッション終了。激動の歴史に触れた感じで面白かった。
 実は、PC4のPLさんは、時既に遅しではあったけど、GMの企みに気づくことが出来た。気づいたところで防ぐ手段はなかったのだけど、気づくだけでも凄いなぁ。
 不可知を使って、「何かした」のは分かったけども、皆で考えたけど答えでなくて。ボクも色々考えたけど、全然分からなかったんだよね。

 PC4のPLさんは「分かったぁぁぁ!」と叫ぶと、説明してくれた。不可知を使って、封印の逆位置使ったんだ、と。言われてみると、なるほどである。
 封印の逆位置は、代償はともかく、言ったことが叶う奇跡だ。しかし、タイミングは「メジャーアクション」という欠点がある。他の奇跡みたいに「いつでも」とかじゃない。
 だから、「この一瞬でどうにかする」ことが出来ないのだ。それを解決するためのものが不可知。隠密状態になるから、「何をしたのか」分からなくするには好都合な上、瞬間的にアクションを発生させる。発生したアクションによって封印の逆位置を使った、というわけだ。
 結果、不可知で見えなくなったのに、何もせず戻ってきたという風になる。代償として「動けなかった」ことを考えると、ガイリング2世の石化を解いたと見て間違いないし。

 しかも、聖輪八門が協力してるみたいなところを見ると、神聖バルヴィエステ帝国そのものが、ガイリング2世の手駒だったわけだ。
 全ては彼のために仕組まれていたということだろう。戦争と称して、聖痕を集めて力を蓄えていたのかな。教会もエステルランドもブレダも、全部利用されていたのかも。
 消えた先が「北」だったらなお厄介だなー。それとも、ヴィンスという土地を考えると、エクセターに何らかの接触を取っていて、そっちに行った可能性もある。
 何にしろ、とんでもない怪物が再び野に放たれたわけだ。聖痕を数百個も持つ奴とくれば、下手な魔神よりも恐ろしい相手ということになるね。正攻法で相手するのは難しい。
 あとは、ザビーネが今度は「敵」として現れそうな予感(ぁ なんか真っ直ぐすぎる子だったから、ちょっとベクトルが狂うだけで危ういキャラだったんだよねぇ。
 欠けた聖輪八門の1人になるとか、暗躍する「あの人」の手先になるとか、パターンとしてはありそう。そのまま死んだ、とも思えないんだよなぁ。

 ま、ボクらのハイデルランドは更なる混沌が渦巻いてきたわけで、また面白くなってきたね。アークはボクのキャラでは重要な位置にいるのだけど、その度合いが更に高まった。
 死ねないし、堕ちれない(笑)。どこにも属さない自由騎士なのだけど、その分、色々なところに絆が出来ているわけで、世界の悪役たるアンゲリアも見捨てられない。
 今後どうなるか楽しみだ。アークは、アルカナ的にそう強いわけでもないし、特殊なことが出来るわけでもないけど、頑張って生き抜くとしよう。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 2

冷凍ゾンビ

(職場からこそりと)
実にわかりやすく伝わりやすい記録です。ありがとうございます。

で、1点。
アンゼル1世ことヴィルヘルムは、とちくるってたけど殺戮者ではありませんでした。異形なし。
殺戮者だったのは、ヴィンツェンツ(城を操るアンゼル影武者)、アベール(超悪い人)、そして、ガイリング2世?であります。
by 冷凍ゾンビ (2010-05-17 17:08) 

Metter

(同じく職場から(笑))
ゾンさん、いらっしゃいませ~。

オーウ、微妙に記憶違いがありましたか。修正しておきますね。
こんなのでよければ毎度書きますので、なんぞ役に立てば幸いです。

by Metter (2010-05-17 17:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。