So-net無料ブログ作成

ブレイドオブアルカナ3rd ~救難信号~ [TRPG]

 昨日はブレカナセッションだった。シュパイヤーマルク方面のキャンペーンも、とりあえず一区切りになるのかな、という回っぽい。
 もっとも、ボクのキャラは前回堕ちちゃったので(爆)、今までとは別のキャラで参加することに。このキャラがボク的には「挑戦キャラ」だから、頑張らないといけないところ。

 まずは毎度のキャラ紹介から。

 PC1:アングルス・コロナ・ステラ
 今や大変な状況になってしまったヴィンス公国の貴族。また、現在進行形で大変な状況になっているシュパイヤーマルクを訪れたことにより、色々とお願いをされてしまうことに。

 PC2:クレアータ・デクストラ・エフェクトス
 MyPC、クラーウィス・プロフォンド。猫騎士アークが、救うことが出来なかったという悔恨の念から作り出した人形に、魔神の力が宿って動き出したクレアータ。
 アークのように人のためになる存在でありたいと願うものの、ただの人形である自分にはそれが出来ない。その願いを叶えたのが魔神であり、そうしてしまったことを後悔している。
 魔神との対峙は地獄そのものだが、彼女は魔神を滅するために生きることを誓った。そんな中、魔神の影と思しき事件を聞きつけ、向かってみると…。

 PC3:コロナ・フィニス・フルキフェル
 とっても偉いお猫様。優秀な頭脳を持ち、様々な実績を残している凄い人。
 前回のゴタゴタの際に、さらわれてしまった要人を探すことになったが…。

 PC4:アクシス・アダマス・マーテル
 アリエルの右腕「だった」騎士。堕ちてしまったアリエルと対決したいところではあるが、バールシュタインの家名を守るための総合的な判断のもと、残ることを選んだ。
 主君が殺戮者となった絶望の中、休むことなく流れる状況に振り回され…。

 PC5:グラディウス・ディアボルス・アクシス
 サルモン先生の養女。優秀な頭脳を持ち、剣術にも秀で、さらには美人という図抜けた人物。辺境伯の依頼で色々と仕事をこなす中、面倒を見ていた要人が行方不明に。
 事件を解決すべく、迅速に動き出す彼女だが…。

 以上~。

 ボクのキャラは魔神の帰依者という立場(爆)。なのに、その帰依した魔神を殺そうとしているという、若干変わった立場のキャラだ。
 ボクは比較的アホなキャラがやりやすく(笑)、思慮遠謀なキャラは苦手。どうも瞬間的な判断が出来ないようで、深く考えずに動ける方がやりやすいのだろう。
 とはいっても、それじゃ困るってのもあり、自身でちょっと挑戦する意味も込めて考えるキャラになっている。行動理念は似てるけど、実際に取る行動は違うという。

 さて、冒頭はシュパイヤーマルク方面に向かうところから始まる。
 魔神の手がかりや打倒手段(真の死の印を破壊する方法を知ることこそ、本当の意味での打倒方法だし)を求めて旅をする道すがら、一人の女性と出会う。
 エルミーラと名乗るその女性は、何でも大切な人が賊に捕らわれてしまったので助けてほしい、と言ってきた。状況を聞くに、どうも魔神が関わっている臭いがする。
 アークであれば、特に何も考えず「それは大変だ」と救出を快諾するだろうが、クラーウィスは「はい、そうですか」と納得するタイプではない。色々と事情を聞いてみると、どうも少し不自然な感じが拭えなかった。ぶっちゃけ、「こいつ何者だろね?」と思えるという。

 特に魔神スーペルス=マーキナともなれば、こうやって「誰か」をよこし、何かしらの思惑へと引きずり込むなど珍しくも何ともない。日常茶飯事とさえいえるだろう(笑)。
 だが、何にせよマーキナが関わってるようなので(ハンドアウトにそう書いてある(笑))、この女性がどのような存在だとしても向かう「意味」がある。
 油断はせずに、とりあえず首を突っ込んでみることにした。マーキナが何か企んでいるとしたら、それを叩き潰してやるために。

 捕らえられている大切な人、とやらのいるであろう位置を探していると、滅びた村を拠点としている賊がおり、どうも人質を取られて捕らえられてしまったようである。
 とりあえず隠れて様子を探ってみると、何やらPC3が捕まりながらも説得をしているようだった。今のところ急に事態をどうこうするべきではないかと考え、しばらく様子を見ることに。

 情報は遠話筒を使って方々から集めることが可能であり、様子を見つつ入ってくる情報を吟味する。どうも、城塞都市ベッフェルの方でも問題が発生しており、そこにはマーキナの帰依者が関与していた。子供をさらい、何かをしようとしていたらしい。
 また、自分が助けようとしている人物が、このシュパイヤーマルクにおける要人だということなども分かったので、どう事態が転ぶにしても、紛れ込むようにしておいた方がいいかと考え出す。どこかにマーキナの意思が介在しているとしたら、ただではすまないかも知れないからだ。

 とりあえず日が落ちるのを待つと、賊のボスが何らかの書状を持った伝令を走らせた。観察するところ、この賊は本当にただの賊のような感じで、うまく使われているだけのような雰囲気がある。だとすれば、少しビビらせてみるのも手かと思い、実行することにした。
 クラーウィスはクレアータなので、変身が出来る。出て行った伝令に化け、軍が要人を助けに来た!と報告してみる。意外と冷静に、いいから書状を出してこいとかわされたが、何にせよ紛れ込む取っ掛かりにはなりそうなところ。
 本物の伝令がいなくなれば、クラーウィスはそいつになりすませばいい。というわけで、伝令を待ち伏せ。ビビりながら隠れて帰ってきていたが、見つけて抹殺(ぁ
 人質を取って身代金を要求するような輩には、それほど同情する余地もないのでサックリと倒すと、そこに現れるPC1。

 クラーウィスは、PC1の動きや、伝令がどのような要求を突きつけ、街がどういう対応をするかなどの情報は知っていたので別段驚かない。
 逆に、PC1もクラーウィスの動きを把握していたので(密偵でね)、お互いろくろく話さずとも「知っています」という変な会話に(笑)。
 しかも、街の方からの情報によれば、こちら側の要人は陽動。敵の真の目的は街にある。そして、そこには大きな闇の力が働いている可能性があるのだ。
 クラーウィスはPC1と共闘体制を取り、PC1には急いで街の方へと戻って欲しいと提案。一応、こちらの要人も放っておけないので、クラーウィスはこちらを監視。
 おそらくは大丈夫だろうとは思っていたが、PC3が賊を説得して事なきを得た。これでこちらは問題なくなったので、クラーウィスも街へと向かう。

 危険なのは街にいるもう一人の要人であり、急いでそちらに向かいたいところだ。しかし、そこはさすがに城である。そう簡単に通してはくれなかった。
 「中に入れそうな人に変身する」が最も簡単な侵入方法だったのだけど、それをやると後が面倒くさい。捕まるのは確定しちゃうし(笑)。
 PC1が取り成してくれるとのことで、しばらく待たされることに。

 ようやく中に入れるようになってみると、ことはギリギリの状況になっていた。殺戮者はその本性を表し、この国の公妃を殺害しようとしていた。
 そうはさせじと踏み込むPC3とPC4、そしてクラーウィス。程なくPC1とPC5も駆けつけ、激戦の末に殺戮者を滅することに成功した。

 結局のところ、あまり大きな手がかりのようなものは得られなかったが、マーキナが関与していたことは間違いない。
 協力してくれたPC1には感謝しつつ、クラーウィスはもうしばらくこの街に留まることにする。この一件でマーキナの企みが終わったとは限らず、何かあるかも知れないからだ。
 もっとも、帰依者であるクラーウィスに何らちょっかいを出さない点を鑑みるに、既に「立ち去った後」のような気がしてならなかったのだけれどね。

 何にせよ、闇に狙われた親子を助けることは出来たのでよしとする。旅立つPC1を見送り、クラーウィスは一応の調査のため、街へと戻っていった。


 といったところでセッション終了~。
 今回は、実にクラーウィスらしい行動が出来たので、ロール的にはかなり満足。こいつは、今までの経緯からして、あまり表立って動くタイプではない。
 黒子に徹するというか、裏でごちゃごちゃ動きつつ、必要なときに表に出るという感じ。遠話筒って便利だねって話だが(笑)、ホントにらしさを出して動けたというかね。

 実際には特に何かしたというわけでもなく、情報聞いているだけってな感じでもあったのだけど、まぁ、この子は活躍しなくてもいいし、これでいいかなと(笑)。

 あとは、当たり前といえば当たり前だけど、やっぱ強制振りなおしは強いね~。マーキナの時間跳躍の印だけど、今回はかなり効果的だった。
 3回という回数制限があるものの、その3回全てが効果的という素敵な戦果(笑)。代償が1D10のDだから、Rのように支払えない可能性がないし、振りなおしを強制できるのはやっぱ鬼。
 特に1ダイスでどうにかって場面では抜群の威力(笑)。「やった、成功した!」となっても「はいはい、振りなおしてね」とか出来るんだから、そりゃ強いよね~。

 変身、遠話筒とかで、なんとも情報戦では強そうなキャラになってきたし、アルカナバランス的にはそれほど噛み合ってない割には面白くなってきた。
 今回も楽しかったし、次回はどうなるかな。色々楽しみだ。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。